古民家耐震改造

地域の森の木で作る伝統工法の家。伝統工房有限会社谷川設計事務所

古民家の耐震改造工事 

立面図

| 構造 = 木造軸組伝統工法平屋建  壁:土壁塗厚さ70mm以上一部通し貫工法(貫材:杉21*105mm@470)
荒壁パネル厚26mm両面張(壁倍率両面2.6)
| 床面積 = 1階=124m2
| 設計期間2008年2月〜2008年10月(設計図書全52枚+工事予算書)
| 工事期間2008年12月1日〜2009年5月31日
| 工事内容 = 母屋耐震工事、業務用キッチン(特注マルゼン社製)、食堂無垢材テーブル、作付食器戸棚、玄関収納等作付家具工事、照明器具工事、薪ストーブ等


 

工事の記録 解体から完成まで。


 
有限会社谷川設計事務所 / 個人情報保護方針